Blog
本当のタヒチアンダンスが学べる ヒティヌイ 恵比寿 代官山

タヒチアンダンススクール ヒティヌイ

タヒチアンダンスを体験予約

タヒチアンダンスとドラムの危ない関係

avatar
DRUMMER/INSTRUCTOR
Daisuke
On March 31, 2015
15_3_31

タヒチアンダンスを体験しよう!
今なら入会金半額!+タヒチアンダンス体験料キャッシュバック!
タヒチアンダンス未経験の方も、経験者の方も大歓迎です。

Iaorana.

すみません、今回はレポートじゃありません。

2014年にタヒチアンドラマーとして日本初となるHeiva i Tahiti 2014に出場してきた僕のレポートです。
もしよかったら読んでみてくださいね。(まだ途中です)
レポート1
レポート2

タヒチアンドラムはとてもユニークで楽しいドラムです。
ダンサーにとってはおなじみの音ですが、ダンサーの方…気に留めてますか?
やりたいな〜とか、難しそうだな〜とかそういった声もちらほら聞きますが、どこかドラムの事どうでもいいと思ってませんか?

ドラマーが居ないとオテア踊れませんよ!!!

という事ではなくて…

ダンサーの方たちにとってタヒチアンドラムのリズムは大切な要素です。
基礎的な事を知っておくと、もっと踊りやすくなったり、理解が深まるはずです。

タヒチのダンサーとよくドラムについて話しますが、上手な子ってドラムについて最低限の事は知ってます。

今回はタヒチアンダンスとドラムの関わりについて書いてみます。

まずはドラムの種類から。

タリパラウ:バスドラム。曲の進行を支える大事なドラムです。タリパラウが心臓です。叩いてる人がテンション上がってスピードあげちゃうとトエレ達も合わせるしかないので、結果的にダンサーが痛い目を見ます!
初心者はこのドラムから始めるのがいいです。僕も最初は叩いてました。簡単な楽器ではありません。奥が深くて難しいです。

パフトゥパイ:ハワイのパフをながーくしたようなドラム。奏者は立って、素手で演奏します。最初は手が腫れ上がります…。パフトゥパイがいると曲に深みが増し、雰囲気がすごく出ます。名脇役。タリパラウの次に始める楽器とされています。

ファアテテ/ファアケテ:小太鼓を両手に持ったスティックで演奏します。一番早いリズムを奏でます。異なるチューニングのファアテテを2~4個設置します。トエレより目立つ事も。稀にトエレを黙らせてファアテテがメインになる曲もあります。パフトゥパイの次に始める楽器とされています。
イハラ:竹。バンブーです。太いものを叩いたり、細いものを何本も束ねて叩きます。ボロボロになってくると交換しますが、傷むといい音になることも。ファアテテと一緒にセットしてファアテテ奏者が叩く事が多いですが、トエレにセットすることもあります。

トエレ:メインの楽器です。トエレが叩くリズムはペへと呼ばれていて、たくさんの名前と種類があります。とても難しくて奥の深い楽器ですが、音は簡単に出せるので(ドラムはほとんどがそうですが)楽しい楽器です。大・中・小のトエレを用います。中サイズのものは一般的に”トエレ・オロ” 小サイズのは”トエレクロシェ”と呼びます。クロシェはフランス語でベルという意味。呼び名については色々あると想いますので、気に入った名前で呼んで下さい。大きなトエレは立てて、オロは横にしてスタンドに固定、クロシェは手に持ったり、スタンドに固定します。たまにイハラ(上記参照)も加わります。これらのトエレを1本のスティックで演奏します。たまに2本使ったりします。タヒチに近いクックアイランドではトエレを膝の上に寝かせて、脇で抱えて2本のスティックで叩きます。最後に始める楽器とされています。

はい。ついてきてますか?
もうダンサーの方は離れてしまいましたか?

ここからダンサーとドラムの関わりです。

本場タヒチではドラムの音が重要なポイントになり、練習の仕方に影響しています。
こちらはレッスンで詳しく解説します。

トエレの奏でるリズムはPehe(ペへ)といいます。
それぞれに名前がついています。
Peheやプレイスタイルにもトラディショナルなものやモダンなものがあります。
僕は自分で感じた事や教わって来た事からトラディショナルを大切にしています。
トラディショナルという概念には色んな要素が含まれますが…。

もちろんモダンなプレイにもカッコよさはあります。
色々なスタイルがあってこそ面白いのがタヒチアンダンスやタヒチアンドラムの素晴らしい所です。

ドラムのプレイスタイルについてはレッスンでお伝えしていきますね。

ステップと同じ名前のPeheもあります。

例えばPeheの代表格 TOMA(トマ)です。
トマトマ好きですか?

その他にも
AMI(アミ)
UEUE(ウエウエ)
FAATERE(ファアテレ)
OTAMU(オタム)
などなど。

ダンサーがまず最初に覚えておきたいのはToma トマ と Pahae パハエ。
パハエとトマはかなり使われます。
聞けば、これか〜と思う人も多いと思います。

ということで、基本的なPehe(ペへ)達をゆっくり演奏してムービーを撮りました。
すべてベーシックのMUAになります。
ヒティヌイの方もそれ以外の方もぜひ!
これで基本的なリズムを覚えて、ダンスに役立てて下さい。
ドラマーの方!もちろん覚えましょう!ゆっくりな演奏は大切ですよ。

ヒティヌイチャンネルにアップしてありますので下記をクリックして御覧ください。

ヒティヌイチャンネル
再生リスト Pehe

Maururu!
Nana!

タヒチアンダンスを体験しよう!
今なら入会金半額!+タヒチアンダンス体験料キャッシュバック!
タヒチアンダンス未経験の方も、経験者の方も大歓迎です。